ギターの買取と買取時の相場や価格についておまとめしました

中古ギターの買取相場について

中古ギター買取業というものが成立するということは、個人の方からどれだけレアな目玉商品を手に入れることが出来るかどうかというところなのです。したがって買取業者の裁量、査定の能力でかなり買取価格の差がでてきます。しかし、もともと中古ギター販売業というものは、海外オークション、輸入、買い付けによるものが大体多いので、当然ですが売り手買い手の両者が、かなりの鑑識眼を持っていることが重要でしょう。この良いものを見極めるというものは、経験値や知識が問われるものです。例えばインターネットのオークションに、アメリカのリゾネーターギターというものが出品されているとします。このリゾネーターギターというものでは、本国で初期の頃「Steel Guiter」と呼ばれていたギターでボディーがアルミになっており、ネック部分は木製で構成されているのが特徴です。

中古ギターを買う際に使える通販サイトのご紹介

1960年代以前などに作られていた古いタイプのものになります。出て間もないころの価格は非常に安かったそうで、のちに有志たちにより、復活し現在では全部再びリメイクされたギターなのです。本国では、エレキギターの普及と同時にこのリゾネーターギターはすたれゴミのように扱われていました。

クロサワ楽器店は人気メーカーのギターを買取ってくれる

中には灰皿がわりに使用するなどの価値の低い時期があったそうです。しかし現存する当時の物は今や値段が高騰して100万以上になっているレアものになっているのです。ギターというのは、価格変動が激しく相場もまちまちである業界ともいえそうです。

掘り出し物のギターはアンティークや買取業者がオススメ

このようなレアなギターは、中古の楽器ショップにばかりあるのかというとそればかりではなく、評判の良いアンティークショップまたは骨董屋でもビンテージギターの知識を持っている方がいる場合は取り扱いもあるようです。アンティークショップなどでは、わりと経済力のある方から遺品の整理などで個人の貴重品が売られることもあり、ビンテージギターを売りにくる人もいるそうですよ。たとえば、ヤマハの60年代のDynamic Guiterや、フェンダーのビンテージアコースティックが飾ってあることや、販売されていることもあります。日本ではあまり認知度が低いけどマニアのいるファーストマンのベースもアンティークショップにしばしば置いてあるようです。つまり中古ギターというのは、物によって高値取引されるようなものはある意味遺産のようなものですね。

ギターを売りたい方必見のギターを売るメリットや高値で売る方法について

このように専門業でなくてもアンティークショップなどでレアなギターを発見した場合は掘り出し物といえるでしょう。

中古のフェンダーベースのことや売買についてご紹介します

そして有名な中古ギター楽器買取、販売業でいくと下倉楽器、クロサワ楽器が有名です。大手楽器販売の銀座 山野楽器のエレキギターや、アコースティック専門の山野楽器Rock inも最近では人気を高めているようです。