中古のフェンダーベースのことや売買についてご紹介します

フェンダーのベース

新しくベースを始める際、出来るだけ安いベースでスタートしまず練習をしたいと思う人が多いそうです。でも、安いだけじゃなくて、音もよく、かっこいいものの方が良いですよね。そんな方にオススメなのがフェンダーのベースです。フェンダーといえば、日本のロックシンガーの歌詞にも書かれてあることや、人気バンドのベーシストがフェンダーミュージカルインストゥルメンツコーポレーションと契約をし、オリジナルモデルを出したことも有名です。では、フェンダーはどんなベースなのでしょうか?フェンダーはベースの中で低価格で大人気な世界的な有名なブランドです。そして楽器店の半分を占めているのはギターなど含めフェンダーなのです。今もし何のベースを購入しようかな?と悩んでいる方はフェンダーを持っているだけで自慢することができる程かっこいいベースといっても過言ではありません。では、気になる音質はというと繊細なタイプで、指の強弱が直に音に伝わるため、演奏していて幅の広い音色を出せるし、飽きがこないとマニアからも絶賛されています。だから、長年多くのベーシストに愛されてきたベースメーカーなのですね。そして煌びやかな、高音が特徴的で指の弾いたときの感覚も良いのが特徴です。色気を表現することが出来るだめ、ジャズなどのベースソロにフェンダーはもってこいのようです。

フェンダーは中古ならいくらで買えるのか?

フェンダーは安くて、飽きなくて、かっこいいということがわかりました。

中古の左利きギターを手に入れる方法についてご紹介します

少しでもそんな素敵なフェンダーを買いたいという方にオススメなのが中古でフェンダーを購入することがオススメです。中古でフェンダーを買うと、定価で買うよりどれくらい安く買うことが出来るのでしょうか?フェンダーのヴィンテージの中でも人気のあるジャガーは、独特なサウンドが人気の理由ですが中古です。この人気のフェンダーのエレキベースを中古で購入すると約8万ちょっとで買うことが出来てしまいます。値段はお店によって違い、数万円のばらつきはあるようです。しかも中古でもコンディションの良い状態のものでこの値段だそうです。この価格なら初心者でも手の届く範囲ですし、フェンダーは有名人気ブランドで安心できそうです。

フェンダーを売る

では、逆にもう使わなくなったフェンダーを売るにはどうしたらいいのでしょうか?1つの方法としては、買取業者に持っていくことが挙げられます。不要になったフェンダーのベースを、楽器買取専門店の楽器高く売れるドットコムに持っていくと買取ってもらえます。しかも新品中古品問わずフェンダー製品なら、なんでも買取ってくれるそうです。楽器高く売れるドットコムでは一般的な買取価格表をもとに買取をするのではなく、現時点での買取相場から買取金額を出すことや、インターネットでの運営方法をとることでコスト削減しているため、その分をフェンダーの買取価格に還元してくれます。また、種類も問うことなくフェンダー製品の買取に特化しています。長く使用していなかったり、壊れたフェンダーのベースでも相談してみると良いでしょう。楽器高く売れるドットコムでの買取方法には3種類あります。まず、宅配買取です。これは無料の宅配キットにフェンダーのベースを梱包して送るとても簡単な方法です。送られたあなたのベースは、専門のスタッフが査定をスピーディにしてくれます。面倒な梱包もセットが送られてきますし、店頭に行く必要や買取査定員との立ち合いも不要なので忙しい方にはおすすめでしょう。お次は店頭買取です。これはフェンダーのベースを楽器高く売れるドットコムのリユースセンターに直接持っていく方法です。その場で即現金を支払してくれるという点も魅力的です。そしてリユースセンターに持っていくと、査定額が値上がりするそうです。リユースセンターには無料の駐車場も完備されているので、車でベースを持っていくこともできます。3つ目は出張買取です。複数の売りたいフェンダーのベースはもちろん、フェンダーのギターやアンプなどがあった際には、ご自宅まで楽器高く売れるドットコムのスタッフが来て、無料で出張査定をしてもらえます。当日の出張が出来る場合もあるので、電話にて相談してみるのが良いでしょう。

フェンダーを高く売るには

もしフェンダーを売るのであれば、高値で売りたいものです。中古楽器の買取業者はたくさんあります。しかし対応や査定内容は千差万別で、査定金額にも差が大きく出るようです。事前に調べておくと良いでしょう。また、買取価格は楽器の状態にも左右されるので、クリーニングをしてコンディションをよくしておくのがオススメです。売りたいフェンダーが汚れている時は綺麗にお掃除しておきましょう。特に光沢部分は丁寧に磨くと見栄えが良くなります。楽器専用の布で磨くと良いです。くすみを取り除いておきましょう。また、ケースの状態も査定に影響しますので、ケースのクリーニングをお忘れなくやっておきましょう。ただし、綺麗にしたいがあまりにゴシゴシ磨いたり、やり過ぎると楽器に傷がいってしまうこともあるので、できる範囲で優しく丁寧に行うことが大切です。